謹賀新年

これまで私は、「ろくでもない奴の時代」を生きてきた。
しかし今は、「優秀なろくでもない奴の時代」に移ろっていて、そこを生き抜かねばならなくなっている。
ただのろくでなしでは、分が悪い時代である。
ここが悩みどころだが、私は、箸にも棒にもかからない生き方を実践できたらと思う。
箸にも棒にもかからない凄さを、美意識でもって体現していきたい。

あけおめ。

コメント