手作りワッペン

破れのお直しに「ミシン刺し」、あるいは「ミシン叩き」「ミシン修理」などと呼ばれる技法がある。
こんな風に、破れた箇所の裏に共布を重ねて、

およそ1〜1・5ミリ巾でミシンをかけていく。
破れの修理以外にも、この技法を使って、ワッペンでも作ってみよう、ということで、

用意したのは色とりどりのフェルト。

これを切って、両面接着シートで軽く貼り付けて、ミシン刺しの要領で上からミシンをかけていくと、

デザインを色々と工夫して、色んなワッペンが作れそう。

コメント