後悔してみた

四十年あまり、自分自身のこれまでを振り返ってみて、私は今、後悔があまりないことに、ふと気づいた。
ふつうに、他者の目線で考えれば、ひどく後悔していてもよさそうな、これまでの人生だったかもしれないのに、なぜ私は後悔していないのだろう。

もちろん、後々まで引きずるほどの大きな後悔が無い、ということであって、生まれてこれまで全く後悔をしたことが無いわけではない。「あの時、ああしていればよかった」と思う点は、そうすることができなかった自分のままで、特に問題を感じないから、後悔できないのだろうと思う。そして、あの時、ああすることができなかったことは、既に肥やしになって、消え去ってしまっている。

それで、自分の気持ちの中に、後悔する気持ちもどこかに含んでおきたいと考えたが。

後悔することを突き詰めると、生まれてきてしまったこと、私の存在自体を後悔しなければならなくなる。しかし、生まれてきてしまったことは、私に責任があるわけではない。それで、そこの後悔と折り合いをつけられるようになると、もしかしたら他は、大きな後悔と呼べない、取るに足らないものかもしれない。
とはいえ、この先はどうだかわからない。一転して大きな後悔を背負い込むことも、無いとは言い切れない。

多分、マトモに生きている大人であれば、「あなたに後悔が無いのは、自分自身を生ききる責任感をちゃんと持って生きているからだよ」などと、ふつうに言うだろうとは思う。マトモに生きていない人が何と言うかは知らないが。

さて、明日も思うように生きよう。

コメント