『妻への家路』を観た



たて続けに二本観たのである。
文革時代に反革命分子として捉えられた知識階級の夫が、二十年を経て放免されて家族の元に戻ってみると、妻は戻ってきた夫が夫だとわからずに、ずっと夫を待ち詫び続けている、という映画である。要約すると、

”毎月5日になると、私は妻と共に、駅に私を迎えに行く。”

こんなカンジだろうか。

目の前の夫がわからない、この妻に何が起こったのか、この映画は、文革がいかなるものだったかを、情報で得て知っている人でないと、途中、意味が分からないかもしれない。が、夫婦愛が作品を貫いているので、何かわからなくても泣ける映画だと思う。不思議なもので、目の前の夫がわからないのに、妻は夫を心から愛しているし、その愛が夫にもわかるのである。夫は健気なまでに努力をする。そして、そのような愛を受け入れる生き方を、ふつう、選択する強さがあるだろうか。何度か「僕だよ」と試みて、ダメならもう他の人生を選択を、昨今なら当たり前のようにするのだが。

中国映画は割と、生々しい、エグいところを直接的には描かないところがある。監督の美意識なのか、お国柄、規制がかかるからか、監督自身が文革の当事者ゆえに「言葉を持たない」部分だからなのか、理由はよくわからない。
夫の二十年の強制労働の時間を「手紙」という間接的な形でしか表現しなかったり、恐らく妻の記憶喪失の背景には、方(ファン)同志による強姦、ないし娘の丹丹による密告と吊し上げがあったと思われるが、それも、ほのめかす程度でしか表していない。実はそこがわからないと、この夫が、自分をわからない妻の傍にい続けることを選択した真意が、腑に落ちないのではないかとも思う。
いや、全て「愛だから」で納得できるかな、どうだろう。

ちなみに、この映画の中で、江青の考案による革命バレエ「紅色娘子軍」を観ることができる。これが私的にツボでした。

コメント