岬へ ②〜リアル「老人と海」

漁船で定置網の見学をさせてもらうのがメインだったのだが、前日が時化だったせいで翌日は大漁で、漁船が忙しくて港に戻って来れないとか。それで定置網の見学は諦めて、ホエールウォッチングをすることになった。

ガイドは御年84歳の若々しい船長。かつて捕鯨船で経験を積んだエキスパート。リアル「老人と海」。しかも聞くと、四代目朝潮太郎のリアルお父さん。




定置網を引きあげている漁船発見↓


クジラを写真におさめるのは難しい。
この↓写真のどこかに、ハナゴンドウクジラがいるはず。



定置網を引きあげて港に戻ってきた漁船↓



色々と便利な時代にはなったのだろうけれど、死なない保証などどこにもない中で、そもそも漁師は、命懸けで暮らしを守ってきたのだろうと思った。

コメント