初期の緑内障と診断された




大事なことなので、ちゃんと記録しておこうと思った。

血縁に視力に障害を抱える人がいるならば、緑内障には気をつけておいた方がいい、とは視覚障害のある利用者から聞いていた。
私の祖父は、全盲ではなかったが視覚障害者で、鍼灸医を生業していた。
それで私は、眼鏡を新調するこの機会に、きちんと診てもらっておこう、と偶々眼科に行ったらば、私は既に初期の緑内障であった。

老眼以外にはこれといって、自覚症状があったわけではないので、早めにわかってよかったといえばそうなのだが、かなり重大な宣告に違いないはずのなのに、さほど驚きもせず、副作用でまつ毛が長くなる目薬を処方されてきた。

診断そのものより、実は、死ぬまで眼科通いが続くであろう、ということにげんなりしている。
まぁ、死ぬまで眼科に通えたならいいのだが、働くこともできず、金も無くなり、公的扶助も水際で追い返され、社会からネグられて仕舞いを迎える将来を想定すると、眼科に通うべき者であるにもかかわらず、ある日から眼科に通うことも叶わなくなる。

ある日から通えなくなる眼科に、中途半端に通うのは、なんだかな、と思ったのだ。

コメント